名古屋で口コミや評判の高い全身脱毛サロンをお探しの方、必見!

剃り残しの多い箇所と対策!名古屋で脱毛する前にチェック

    

 

脱毛を名古屋でする際には、予約前日までにお手入れする箇所をきちんと剃っておく必要があります。

自分で作業をするのは大変ですが、もしも剃り残しがある場合には別途料金を支払ったり、施術をしてもらえないことがあるので注意です。

 

 

 

自分で安全にお手入れ箇所を剃りましょう

名古屋でムダ毛のお手入れをするときにも、きちんとサロンやクリニックの指示通りに施術箇所を剃っておきましょう。手足やお腹など体の表側は比較的自分で剃ることができますが、背中やうなじ、アンダーヘアの部分の奥など作業が難しい部分もあるので、この部分は怪我をしないように作業をする必要があります。

大体は前日から2日前ぐらいまでに処理をするように推奨されているので、急いで作業をするのではなくて、鏡なども使ってゆっくりと丁寧に刃を滑らせて下さい。背中など自分では難しい部分は、家族など自分以外の人に頼むのも一つの手です。

脱毛するときには必ず必要な部位は剃っておかなくてはいけないので、特に全身脱毛で予約を入れている場合には、慌てずに丁寧に処理をしていきましょう。うっかり怪我をしてしまうと、今度はその部分だけお手入れをしてもらえなかったりすることもあります。

一部分ずつ丁寧に見直しながら、細かくカミソリや電気シェーバーなどの道具を安全に動かして使いながら、細かく作業をしていくのがコツです。

 

もしも剃ることができなかったら?

仕事やプライベートが忙しいと、脱毛の予約を取っていて前日に慌てて剃り始めたりすることがあります。名古屋でも剃り残しがあった場合には、各お店の規定によるペナルティがあると思っておきましょう。

剃れていなかった場所だけお手入れを外すということもあれば、当日のお手入れそのものがなくなるという場合もあります。サロンによっては別途料金を支払えばシェービングをしてくれる場合もありますが、決められた時間内での施術となるので、予定していたお手入れが全てできなくなったりすることもあるので注意をしておきたいです。

きちんと剃れたと思っていても、赤みが出たりした部分もお手入れはできません。カミソリであれば時間をかけてゆっくりと鏡を見ながら作業をすることと、より安全にシェービングをするのであれば電気シェーバーを購入しておくと便利です。

お店側のペナルティやサービスを確認したうえで、前日までに剃り残さないように何度も見直して出かけるようにしましょう。

 

実際に剃り忘れやすい場所って?

見える部分を中心に頑張ってお手入れをする予定の箇所を剃って準備を進めると思いますが、細かくしていても小さく残ってしまったりすることはよくあります。残しがちな場所としては、太ももやふくらはぎの裏は目が届くようで見えにくいので、明るいところで作業をするようにしてみて下さい。

よく見えるお腹や胸は作業はできるのですが、範囲が広いので剃ったつもりで終わってしまっている部分ができたりしやすい部分です。腕周りはひじを忘れたりすることもありますし、手足の指や甲も残りやすい部分なので、一度の作業で全てシェービングを終えたつもりになるのではなく、もう一度見直すようにしてみることをおすすめします。

もし自分で鏡を見たとしても見えにくいのであれば、自分以外の人にお手入れ箇所でチェックしてもらってください。うなじや背中の手の届かないところや、VIOのOラインなどはお店側でしなくてもよいという部位になっていることもありますので、それ以外の場所は頑張ってみましょう。

 

名古屋での脱毛は人気ですが、前日までにきちんとシェービングを済ませておくことは必須となります。事前に剃り残しがあったときの対応を確認して、しっかりと当日にスタッフから指摘のないようにしておくとスムーズです。

条件でおすすめサロンを検索
部位
店舗移動
費用
支払方法
キャンペーン
こだわり条件