名古屋で口コミや評判の高い全身脱毛サロンをお探しの方、必見!

傷跡やほくろはどうする?名古屋脱毛情報

公開日:2019/11/15  最終更新日:2019/11/01
    


名古屋で脱毛をしたいと希望している人で、自分の体に傷跡やほくろがあることを気にしている人はいないでしょうか。これらがある肌でも無事に施術が受けられるのかは疑問に思う所でしょうから、名古屋の脱毛サロンでどういう扱いになるのかをご紹介します。

傷跡がある人は名古屋で脱毛ができるのか

肌に傷跡がある人が、名古屋エリアの脱毛サロンでムダ毛処理をしたい場合、まずはカウンセリングに申し込んで傷跡をスタッフに見てもらい、施術が受けられるか聞いてみるのがおすすめです。それは、傷跡と言っても人によって色々な大きさや色のものがあるからです。

一般的にサロンで行われている光脱毛では、ムダ毛に含まれているメラニン色素の黒い色に特殊な光を反応させて破壊することによって毛を抜けさせています。そのため、傷跡が黒っぽい色の場合はその部分にも光が反応して熱が伝わってしまい、ヤケドなどの肌トラブルの原因になることが考えられます。

そこで、名古屋の多くのサロンでは、黒っぽい色の傷跡がある人にはその部分に肌色のシールなどを貼って保護し、光を照射するという手段をとるか、あまりにも大きな傷の場合はその周辺の部位には施術ができないと断るかのどちらかになります。

白っぽい色の傷跡である場合はまた扱いが変わってくることがありますが、基本的には傷が残っている部分は避けてその周囲だけを脱毛してもらえるというケースが多くなるはずですから、まずはカウンセリングで相談してみましょう。

ほくろがある部分は名古屋で脱毛可能なのか

ほくろは体のあちこちに見られるものなので、名古屋で脱毛する時にはどういう扱いをされるのかが気になる人が多いのではないでしょうか。利用するサロンによって多少やり方が異なることがありますが、基本的には脱毛を受けたい部分にほくろがあった場合は、白や肌色などのシールを貼って隠し、光を照射して施術を行うことになります。

サロンによっては白色の塗料を塗るといった方法でほくろの保護を行うこともありますが、このような処置をすることで、脱毛機の光が黒っぽい色に反応してヤケドなどの肌トラブルが起こることを予防できるようになっています。

ほくろがある部分をシールなどで保護し、周囲にはしっかりと光が当たるようにして施術を行っていくため、大き目のほくろがある人や量が多い人でもムダ毛をなくしたいという希望が問題なく叶えられるでしょう。ただし、それがある部分は保護して光を当てないようにしてしまうので、ほくろの中心から毛が出ている場合などはその毛は処理できないということは覚えておきましょう。

脱毛機のタイプによっては問題なく施術が受けられることがある

名古屋には、特殊な光をメラニン色素に反応させて施術を行う一般的な脱毛サロンの他に、蓄熱式脱毛という方式で施術を行っているサロンも存在します。従来の方法ではメラニン色素が多く含まれる毛根にダメージを与えて毛を抜けさせていましたが、こちらの方式では毛包やバルジ領域と呼ばれる部分に光を短時間で連続して当てるという方法でムダ毛を処理するのが特徴です。

この方法で施術を行っているサロンを選べば、黒い色に反応させて効果を出すわけではないため、ほくろが多い人でも問題なく利用できます。黒っぽい傷が残っている人も状態によっては施術が可能な場合がありますから、カウンセリングで確認してみましょう。

また、美容電気脱毛という方式で施術を行っているサロンも、ムダ毛を処理する時に黒い色に反応させる形式ではないので、傷跡などがある部分の近くまで処理してもらうことができる場合があります。 これらの方法を選べば、ほくろの部分から出ている毛を処理できることもあるため、相談に行ってみてはいかがでしょうか。

肌に傷跡などの特徴的な部分がある場合、サロンでムダ毛をちゃんと処理できるのかが心配になってしまう人が多いでしょう。しかし、名古屋の脱毛サロンでは保護シールを使って安全に施術が受けられるようにしたり、肌トラブルが起こるリスクが高い時には施術ができないと断ることでお客様の肌を守っているので、自分の肌に問題があるかもしれないと心配な時は、気軽にカウンセリングで相談してみると良いでしょう。

 

名古屋で脱毛をしたいと希望している人で、自分の体に傷跡やほくろがあることを気にしている人はいないでしょうか。これらがある肌でも無事に施術が受けられるのかは疑問に思う所でしょうから、名古屋の脱毛サロンでどういう扱いになるのかをご紹介します。

条件でおすすめサロンを検索
部位
店舗移動
費用
支払方法
キャンペーン
こだわり条件