名古屋で口コミや評判の高い全身脱毛サロンをお探しの方、必見!

脱毛に遺伝子検査が必要な訳とは?

    

脱毛に遺伝子検査が必要な訳とは?

 

ちょっと前に男性の薄毛のチェックに遺伝子検査が導入されたという話が報道されました。
遺伝子検査というと専門医療機関で行うものと思っていた方には少し驚きでしょうが、最近は脱毛サロンでも有料で遺伝子検査を行うところが出てきました。
でも脱毛にどうして遺伝子検査が必要なのでしょうか?名古屋にも脱毛サロンは多くありますが、中には遺伝子検査を行うサロンやクリニックがあります。
そこでここでは遺伝子検査がどうして必要なのか、どんなメリットがあるのかを解説します。

 

遺伝子検査とはどんな検査か

最近は予め個人で調べることが(依頼することで検査可能)できる遺伝子検査キットという商品が出ています。
これは先天性の病気を調べる、薄毛のリスクや肥満のタイプ、肌や体毛の質を知ることが可能です。
この遺伝子検査ではDNAの情報を読み取って、その方が体質的にかかりやすい病気(必ずかかるという意味ではありません)や生まれ持った体質がわかるものです。
これにより予防に役立つというメリットがあります。
遺伝子検査をした時にはまだ病気になっていないなら、予めなりやすい可能性があるという意味で注意したらよい訳です。
そしてこのDNAキットがさらに進化して、髪の毛や頬の粘膜(内側)を使い簡単に調べることが可能になってきました。
試しにインターネットを見てみると多くの遺伝子キットが販売されているのがわかります。
そしてこの遺伝子検査によって、遺伝的にかかりやすい病気や歯周病・肥満・お酒に対する強さなどがわかるようになっています。
遺伝的にかかりやすいとは先ほども説明したように必ずなるとは限りません。
ただしがんや生活習慣病などは遺伝要素が3割と言われて、生活習慣などの後天的要素が7割と言われています。
そこで遺伝子キットを用いて、自分の生活習慣を見直すためにも使うことができます。
また、肌質についても調べることができます。
この遺伝子キットの中には肌質や毛の質についてもわかるものがあります。
肌は脂性肌か乾燥肌か、混合肌かといった形です。
またそれに加えてシミ・しわができやすいか否か、ケロイド体質か(つまり傷跡が残りやすいかなど)などがわかります。
そして気になるのが毛の生え方や濃さです。
これらも遺伝的要素が非常に大きく、女性なら体毛が硬いかやわらかいかによっても脱毛方法が変わってくるからです。
そこで脱毛に遺伝子検査が有効な理由について詳細を次にご紹介します。

自分に適切な脱毛方法がわかる遺伝子検査

傷跡が残りやすいケロイド体質の方や敏感肌の方は、肌に対してあまり刺激がない脱毛方法が適しています。
脱毛サロンでたまに肌トラブルが生じる方は、多くが自分の肌質をよく理解していないケースが多いと言われています。
いままで偶然で何もトラブルが無かっただけで、脱毛サロンで照射したら肌トラブルが起きた、といったケースです。
また自分の毛の質は剛毛でないと思っていても、意外としっかりした毛根があり、脱毛効果がすぐ実感できる方もいます。
本来美容サロンで行われる脱毛は、濃くて太い毛の方は反応しやすいので脱毛効果を感じやすいと言われています。
一方で細く柔らかいと効果が出にくい場合もあります。
この場合は数か月通っても効果がないと判断された時点で、電気脱毛(ニードル)などを勧められるケースもあります。
そうなると2重でお金がかかります。
最初から医療脱毛ならもしかしたら損なく脱毛が終了していたかもしれません。
そんなときに遺伝子検査を行っておくと、自分の肌質と毛質がわかり、無駄なく脱毛の方法を選ぶことが可能になります。
自宅でも遺伝子キットを使うことは可能ですが、できれば取り入れている脱毛サロンや医療脱毛クリニックを選択したほうが、より詳しく説明してもらえるはずです。
今や脱毛も遺伝子検査の時代です。
ぜひ活用してみてください!

条件でおすすめサロンを検索
部位
店舗移動
費用
支払方法
キャンペーン
こだわり条件