名古屋で口コミや評判の高い全身脱毛サロンをお探しの方、必見!

光脱毛とレーザー脱毛の違いと共通点とは?

    

光脱毛とレーザー脱毛の違いと共通点とは?

美容脱毛サロンをはじめとする脱毛や医療脱毛を行うクリニックなど、今や名古屋にも様々な脱毛方法があります。
でも実際にこの脱毛の違いを理解している方はどの程度いるでしょうか。
ここでは光脱毛とレーザー脱毛(光は美容サロン、レーザーは医療脱毛)の違いについて正確に知るために、その違いと共通点についてご紹介します。
どちらを選ぶにしてもぜひここでご紹介することをご一読ください。
選ぶ目安になります。

 

光脱毛とはどんな方法の脱毛か

光脱毛というとほとんどの脱毛サロンやエステサロンで行われている脱毛方法の一つです。
呼び名としても光脱毛以外にフラッシュライト脱毛などと呼ばれることもあります。
これはIPL(インテンスパルスライト)などの専用マシンをつかっています。
また美容脱毛サロンは医療行為とは差別化されて、美容サロンでも行える施術です。
目的としては減毛(毛を減らす)か不再生脱毛となります。
実はこの不再生脱毛とは美容脱毛サロン特有の表現で、時間と回数をかけて脱毛を行います。
しかし永久脱毛と言えるのは医療脱毛のみとされているので、現実的には不再生脱毛と脱毛サロンなどは呼んでいます。
ほぼ生えてこない方法を今では不再生脱毛と呼んでいます。
少しややこしくなりましたが、医療機器でも現実的には永久は確実ではありません(そのような資料がある)。
ただし出力高さや生えてこないという意味では医療脱毛のほうが確実だと言われますが、光脱毛は痛みや肌への負担が少ないので、どちらを選ぶかはその方の選択によります。

レーザー脱毛とはどんな方法の脱毛か

レーザー脱毛は医療機関(美容クリニック)で行われるレーザー照射による脱毛方法です。
威力が強いので永久脱毛が可能です。
クリニックに限っては永久脱毛と表現できるようになっています。
光脱毛が複数の波長を含んだ光を広い範囲に照射していくのに対して、レーザーは単一波長を集中的に集めて熱を照射していく方法です。
また医療従事者でないとこのレーザー脱毛は行えないことになっています。
レーザーはダイオード、アレキサンドライトといった出力の高いレーザー機器です。
そして出力が高いので麻酔クリームなどを塗って痛みを抑えて脱毛します。
しかし出力が高く方法も違うので、脱毛サロンとは違い、永久脱毛が可能になっています(多少生えることがあってもほぼ永久)。
確実性が高い方法ですが、多少脱毛サロンよりは値段が高い場合が多いようです。
また回数が少なく、何かあっても医療機関なので安心です。

それぞれの違いと共通点について

脱毛サロンは値段が安めで、肌に負担なく施術することが可能です。
もし肌が弱いなどの心配があるなら脱毛サロンを選ぶと良いでしょう。
光脱毛のメリットは出力が弱いこと、また痛みがほとんどない(または少ない)という部分にメリットがあります。
一方で医療脱毛は麻酔クリームを塗布するものの、痛みを感じるケースもあり出力が強いので人によっては肌に負担が発生する、高額になりがちなので費用的にも負担になります。
ただレーザーの照射は確実に毛を無くします
このように違いがありますが、どちらも共通しているのが黒くて太い毛には反応するものの、産毛や細い毛には反応しにくいというデメリットがあります。
またメラニン色素に反応する施術なのでどちらも白髪には効果がない場合もあります(最近はそのような白い毛やブロンドにも効果があるマシンが開発されているケースもあり)。
そしてどちらの方法も日焼けしている肌にはできません。
またどちらの方法もメラニン色素に反応する方法なので、火傷のリスクが高まるとして脱毛施術自体を断られる場合もあります。
いずれかを選ぶ場合も、日焼け対策を行った上でカウンセリングを受けるようにしましょう。
ちなみに施術中は日焼け厳禁なので、そのことも覚えておきましょう。

条件でおすすめサロンを検索
部位
店舗移動
費用
支払方法
キャンペーン
こだわり条件