名古屋で口コミや評判の高い全身脱毛サロンをお探しの方、必見!

生理は脱毛に影響する?知っておきたい生理と脱毛の関係

    

生理は脱毛に影響する?知っておきたい生理と脱毛の関係

 

毎月1度やってくる生理期間。
おなかも痛くなったり肌が敏感になったりと、色々なトラブルも起こりやすいデリケートな時期です。
人によっては、生理期間中は体調が悪く寝込んでしまう人もいるので、人によっても症状の現れ方は違います。
これからどんどん暑くなり、脱毛をする人がどんどん増えていきます。
生理期間中に脱毛の予約が重なることはありますが、この期間中に脱毛をすることはできるのでしょうか?

 

生理期間中のリスクについて

生理期間中、VIO脱毛は衛生上の理由から受けることが出来ません。
それ以外に関しては、脱毛をすることは出来ますがリスクを伴うことがあります。
生理前から生理期間中はホルモンバランスが崩れます。
この期間はお肌が本来もっているバリア機能は低下してしまうので、刺激に対して敏感になってしまいます。
生理期間中は肌荒れが起こりやすいとは言われますが、それは全て肌のバリア機能が原因です。
どんなに肌にやさしい光脱毛でも、バリア機能が弱くなっている時は痛みを感じやすく肌トラブルになってしまいます。

・生理日以外にもホルモンバランスはストレスや風邪、疲れによって変化をします。
女性のホルモンはちょっとしたことで乱れてしまいます。
特に生理前から生理中はホルモンが変化しやすいです。
ホルモンバランスが乱れてしまうと、脱毛効果がなくなってしまいます。
ホルモンバランスが乱れると、ムダ毛の生えてくるサイクルも変わってきます。
ムダ毛が生えてくるサイクルが乱れてしまうと、光脱毛の光や熱が上手く伝わらず、肌に負担をかけてしまいます。

・生理期間中、ホルモンバランスの乱れからムダ毛が濃くなってしまいます。
ムダ毛が濃くなっている間は、脱毛の効果が感じられにくいかもしれません。

・サロンでは不特定多数も人が施術を受けに来ます。
VIOは経血が出ている間は脱毛が出来ません。
終わりかけの場合も同じです。
完全に経血が止まっている間ではないと脱毛は出来ません。
生理日を完全に過ぎて肌の状態が良いときがいいでしょう。
一番いいのは排卵前から排卵期です。
この時期は肌のうるおい状態も良く、肌のうるおい状態が良いと痛みを感じにくく肌荒れをしにくいです。
ですからなるべくこの周期に脱毛予約を入れるようにしましょう。

〇ちなみに医療脱毛だと生理期間中は脱毛が出来ます
医療機関ということもあり、医師や看護師など医療スタッフがいるので安心できます。
ただ生理期間中ということで、痛みを感じやすかったり、肌荒れをしやすくなります。
もし肌荒れになってしまったら速やかに医療機関を受診するようにしましょう。

 

生理中は脱毛をお休みしましょう

生理期間中はお肌も体もデリケートな時期です。
サロンによって生理期間中の対応が異なりますが、キレイモやジェイエステなどの大手脱毛サロンのほとんどは脱毛1回分の消化となります。
サロンによっても当日キャンセルは金額が発生することがあります。
サロンによっても対応は異なりますので、詳しくは契約しているサロンへ問い合わせをしましょう。
また、サロンによっては生理になると全てのコースが中止になる場合と、VIO以外の脱毛が可能などサロンによっても対応が違います。
薬を服用している場合は、脱毛をすることが出来ません。
薬の中には光に対して過敏に反応してしまうものがあり、その鎮痛剤を飲んだまま脱毛を行うと火傷をしてしまいます。
サロンでは施術を行う前に必ず薬の服用・生理期間中かどうか・肌の状態をたずねます。
生理期間中は特に肌が荒れやすく痛みを感じやすいので、もし施術をしたあと、痛みを感じたら必ずクリニックを受診するようにしましょう。

条件でおすすめサロンを検索
部位
店舗移動
費用
支払方法
キャンペーン
こだわり条件